天然芝にかかる手間はどれくらい?どんな道具や作業が必要なの?

人工芝の良さを皆さんにお伝えしたい福岡の人工芝ナビゲーターの川上です。

ご自宅のお庭を、「天然芝にするか、人工芝にするか」でお悩みの方から、よくいただくご質問についてご紹介します。
「天然の芝を貼るとどれくらいの手間がかかるのかしら?」緑の美しい芝の庭にしょうと思われた時に、最初に浮かぶ疑問です。
実は、天然芝の美しい緑をキープするにはとても手間がかります。

 

天然芝の種類

芝には大きく分けて、年中緑の西洋芝と、冬は茶色になってしまう日本芝があります。
一般のご家庭でよく植えられているのは、日本芝です。
日本芝の中でも「高麗芝」という品種が細い葉で密なため美しく、ご家庭のお庭やアプローチによく利用されます。
庭に高麗芝を植えた場合に、するべき作業と手間をご紹介します。

 

芝にかかる手間と作業

芝の管理作業は、芝刈り、水やり、草抜き、肥料、エアレーション、目土入れ、芝焼 といったところです。聞きなれない作業もあるかと思いますが、おそらく、予測されていた作業だろうと思います。

大変なのは、頻度です。季節により作業頻度が違いますので、ざっくり四季で分けました。

春は芝の手入れのスタート時期

高麗芝は、冬眠し、3月ごろから生育をはじめます。可能であれば2月に芝焼をします。芝を焼くことで、害虫駆除と病気をやっつけることができます。若草山の芝焼のイメージですね。

・3月から肥料撒きが始まります。隔月で11月まで5回与えます。
・水やり3~4日に一度たっぷりと水をやります。
・芝が伸びてきたら、芝刈りを始めます、4月までは2~3週間に一度程度でよいでしょう。
・エアレーション(土に空気を入れ、土を柔らかくし、芝の根詰まりを防ぐ作業)を3月から月1回で行います。穴をあけるエアレーションの後は目土を入れます。
・暖かくなると、芝も伸びてきますが、雑草も伸びますので、都度草取りを始めます。

夏の水やりは1日2回、芝刈りは週に1度

夏は高麗芝が旺盛に伸びますので、日々の作業が増える時期です。芝刈りの回数が増えますがこまめに刈ることが、きれいな芝を保つコツになります。

・5~9月は芝の伸び方も早いです。週に1度の割合で芝刈りをします。
・水やりは毎日。暑くなってくる7~9月は、日の出前と、日の入りの1日2回水やりをします。
・肥料は隔月の 5月 7月 9月に1度ずつ与えます。
・エアレーションは5月、6月、9月に1度ずつ行い、目土を入れます。7、8月はエアレーションは、お休みです。
・芝も伸びますが、雑草も伸び盛りです、雑草が芝の中に根を張らないうちに根ごと抜きます。

日中に水をやると太陽の熱で蒸れて、芝が痛むため、日の出前と夜間に水やりをします。夏は水やりが大変なので、ホースの先に散水用スプリンクラーをつけるのが効率的です。が、水を止めるのを度々忘れて、水道代が大変なことになったというお話を聞いたことがあります。水栓は忘れずに閉めましょう。夏の芝は水を食います。

秋になってひと段落

秋になると高麗芝の生育の勢いも収まってきます。芝刈りの回数も減りひと段落です。

・10月に入って涼しくなるころにようやく、芝刈りの回数を2~3週間に一度に減らせます。
・水やりも3~4日に一度。
・11月に最後の肥料を撒いて今年の肥料は終わりです

冬は、高麗芝が冬眠します

芝が冬眠しますので、来年の春まで管理も休みです。

 

道具は芝刈り機だけじゃない

天然芝管理の道具はいろいろあります。
芝刈り機、芝用バリカン、ブロアー、エアレーション用芝生カッター・穴あけ器、くまで、ほうき、トンボ、ターフカッターなどです。

芝刈り機、芝用バリカン、ブロアーこの3つ以外は数千円で購入できます。
芝用バリカン、ブロアーは1万円前後から。
芝刈り機は手押しタイプで5千円くらいからあります。電動のコード式で2万円前後、充電式のもので7万円くらいでしょうか。
芝の面積により芝刈り機の選択が変わるので、一概にいくらとは言えないところですね。

芝の管理には、作業頻度もさることながら、体力が必要です。
エアレーションは、芝の根を切って土に穴をあける作業です。女性の場合は穴あけ機の上に乗って体重をかけても、歯が地面に刺さってくれない時もあります。力と、体力の勝負になります。
エアレーションで出てきた土や、芝刈りの後の芝を放置すると、芝が蒸れて傷んでしまいますので、必ず集めて撤去することも必須です。

夏は暑い中での作業になりますので、芝の管理作業はかなり大変といえるでしょう。

天然芝の管理には手間がかかることがお分かりいただけるかと思います。
天然芝より手入れが簡単な人工芝はいかかでしょうか。

 

美しく、手入れの簡単な人工芝。

では、人工芝のお手入れはどうでしょうか。

芝刈りは不要です。
水やりも不要です。
また、エアレーションも不要です。
さらに、肥料も不要です。
除草の心配もなしです!

芝が寝たところは、たまにブラシをかけて起こしてください。
ゴミが気になったら、大きなものは拾い集めて、掃除機をかけてください。
ほぼ、この2つの手入れのみで、美しい緑を保ちます。
人工芝を一度ご覧になりませんか。

ご相談、お見積りは こちら まで。